排水管から水漏れの疑い

排水管から水漏れの疑い 家の水回りに関わる場所は、トラブルがつきものです。私たちが生活している生活空間には、水を使用する設備が多くあります。そのため、家の中にはその場所まで水を届けたり、使用した水を外に排出するための排水管などが多数存在していることになります。ですが、年数が経つごとに管本体やそれに付属する部品が劣化してしまうこともあります。
そうなった際に水漏れなどのトラブルとして、住まいに被害をもたらしてしまうことになります。それはなかなか防ぐことが難しい問題ではありますが、被害をできるだけ少なくするためにもちょっとした変化に気づき、問題のある場所を発見するなどの力を身に着けることが非常に大切です。

■その症状は本当に水漏れなのか

一つの場所が、水で濡れていたりすると水が漏れているのか疑ってしまうというケースも存在するでしょう。しかし、それらの現状を見たからといって絶対に水が漏れてしまっているとは限りません。
例えば、水で濡れている場所の周りを見たときに水を使用する電化製品などが置かれていることもあります。そのような場合は、実は水が排水管などから漏れているのではなく、電化製品から漏れている水によってその状態になっているというケースも非常に多くあります。そのような場合は、単純にその電化製品が壊れてしまっていることも考えられます。そうではない場合でも、電化製品の位置を移動するなどすると水が漏れなくなるので、覚えておくと役に立つこともあるのではないでしょうか。

■量水器をチェックしよう
水漏れと聞くと、水が分かりやすく出ている場面を想像してしまう人も少なくありません。しかし、最も怖いのが激しく漏れているケースよりも、滲むような感じで少しずつ水が漏れてしまっているパターンです。そのようなパターンの場合は、本当に水漏れが起こっているのかどうかも判断がしにくいため、少しずつ原因の箇所のヒビが広がっていき最後には大きな被害を受けてしまうということにもなり兼ねません。
そうならないためには、量水器をチェックしてみることがおすすめです。家中の水の栓を全部の箇所締めて、10分ほど量水器を見てみましょう。見ている間量水器に動きがなかった場合は大丈夫ですが、少しでも動きがあったように見えた場合は水が漏れている疑いがあります。

■目と音で判断する

排水管からの水漏れを発見するには、目と耳をしっかりと使って探していきましょう。中には自分で見ることができない排水管の部分もありますが、見られる範囲で確認をしてみましょう。目視ではなかなか発見しにくいイメージもありますが、穴が開いている場合ですと、目視でもしっかりと見れば簡単に見つけることができます。
また、音に関しても水漏れが起こっている場合は、いつもはしないような音がすることがあります。もしも、聞いたことがないような音がした場合は排水管などに何かしらの異常が発生している可能性が高いです。特に異常が発生したときは、水道を締めたあとで、空気が抜けるような音がすることが多いので、そのような音がした場合も注意しなければいけません。

■まとめ
水が漏れている可能性がある状況であっても、本当に漏れているケースと違うことが原因になっているケースが存在します。怪しい状態がどちらであるかを見極めるには、排水管を目で見て確認したり、音などを聞いて状態を確認することが大切です。
それでも、自分では判断がつかないことも中にはあります。そのような場合は、放置をしてしまうと危険なので、水道 工事などを行っている専門の業者を呼ぶなどして、水が漏れているのかどうかを判断してもらう方法をとるのが一番確実です。放置して被害を大きくしないためにも、怪しいと思ったらできるだけ早く行動を起こしていきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース