排水管の水漏れとお手入れ

排水管は、日常生活の中で欠かすことのできない存在です。なので、トラブルを起こさないようにできるだけ未然に対処をしていきたいと考える人は少なくありません。しかし、どのように対処していけば良いのか分からないという人も中には居るでしょう。
できるだけ水漏れ等の排水管トラブルが起きるリスクを低くするためには、日頃からどうしていったら良いのかについて紹介します。今後の生活に取り入れて、できるだけトラブルが起こるリスクをしっかりと下げていきましょう。

■洗面所や風呂場について

洗面所の排水管というのは、樹脂で作られたパイプであるケースが多いです。そのため、管の結合部分には、洗面所で使用したせっけんのカスなど汚れが徐々に蓄積していきます。その蓄積された汚れが増えていけば、他の汚れもたまりやすい状態になってしまいます。
洗面所は、髪の毛などもたまりやすいので通常のせっけんカスなどの汚れに加えて髪の毛なども溜まっていきます。徐々に流れが悪くなってきていたら、汚れが溜まっているサインです。流れが悪くなってきているだけの場合は、割と放置してしまいがちですが最悪の場合は詰まってほとんど流れなくなってしまうというケースを引き起こす要因にもなるので注意しましょう。

■対策法について

排水管 水漏れというのは、時として汚れの詰まりによっても引き起こされます。排水管の劣化にって穴が開いてなどの水漏れはなかなか防ぐ手立てがないものの、汚れに詰まりが原因の場合は、その汚れを溜まらないようにする対策をすることによって、水漏れのリスクを避けることもできます。
特に、髪の毛やある程度大きさのあるサイズのゴミなどの場合は、専用のフィルターを使用することで流れることを防ぐこともできます。また、排水栓などにも汚れが溜まることもあり、それが場合によっては排水管まで流れてしまうこともあります。それを防ぐためにも、排水栓に引っかかっているゴミも定期的に取り除くようにしておくと良いでしょう。

■まとめ
劣化による水漏れはなかなか防ぎようがありませんが、ゴミが溜まるのを防げばゴミが詰まったことによって発生する水漏れは防ぐことができます。このように防げる水漏れに関しては、上記で記載されたようなフィルターを使う、掃除をするなどの手段をとってしっかり手入れをしていきましょう。
そうすれば、詰まりによって最悪のケースとして引き起こされる水漏れというのもこの先減らしていくことができるのではないでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ